家族婚・少人数挙式

家族婚のメリット・デメリット。費用を抑え、ゆったりとしたアットホームなパーティーができる♡

「豪華な結婚式はしなくても、両親に花嫁姿は見せたい!」という方が増加し、だんだん話題になってきている「家族婚」

 

なんとなく、「家族婚=費用が安い」というイメージを持つ方も多いと思いますが、家族婚にはそれ以外にも沢山のメリットがあります。

ただ、それと同時に家族婚ならではのデメリットもあるため、「家族婚にしよう!」と決める前に、まずは家族婚のメリット・デメリットをよく理解することが大切です。

 

このページでは、そんな家族婚のメリット・デメリットを詳しく紹介します。

この記事をまとめると…

・家族婚は、費用を抑えてアットホームなパーティーができる!
・一方で、”華やかさ”が欠けてしまうことも…
・一部、家族婚などの少人数挙式に対応していない式場もある
・相談デスクなら、家族婚対応の式場をピックアップしてもらえる!

ユーザー満足度98.3%
最寄りのハナユメデスクを探す効率の良い式場探しができる!

指輪の用意も忘れずに!
お得なキャンペーン情報をまとめています

【2020年10月度】婚約・結婚指輪探しのキャンペーン情報まとめ。一番おすすめのサイトはどこ?婚約・結婚指輪を探している方向けのお得なキャンペーン情報をまとめました。ショップへ行くだけで、ギフト券がもらえちゃうことも!エントリー方法も詳しく載せているので、是非参考にしてみてくださいね。...

家族婚のメリット

\タッチすると該当箇所にジャンプします!/

費用が抑えられる

家族婚のメリットは、なんといっても費用が抑えられること。

というのも、結婚式は「招待人数を増やすほど黒字になる」というイメージがあるかもしれませんが、実際は招待人数を増やすほど赤字になってしまう場合も多いんです。

ご祝儀の平均額は一人3.3万円と言われていますが、

・料理
・ドリンク
・引出物、引菓子

で一人あたり3.3万円以上かかってしまう場合がほとんどなので、全て1番安いコースにするなど、徹底的に節約しない限り招待人数が多いほど自己負担額は増えてしまうことも…。

 

その点、家族婚は招待人数が少ないため、自己負担額を抑えることができます。

高い衣装を選ぶなど、場合によっては家族婚でも自己負担額が高くなってしまう場合もあります。

詳しくは、下の「場合によっては、自己負担額が高くなることも」という項目を読んでみて下さいね!

結婚式を諦めないで!お金がなくても結婚式を挙げる5つの方法 と、結婚式を諦めようとしていませんか? 確かに、結婚式はお金がかかるものです。 でも、工夫次第ではお金がなく...

準備の負担が少ない

また、招待する人数が少ない分、準備の負担も減らすことができます。

というのも、結婚式の準備で時間がかかるのは

・席の位置決め
・招待状の作成・発送

など。

特に「席の位置決め」は、誰を同じテーブルにするか等、意外と手間がかかる部分なんです。

また招待状も、例え式場に注文したとしても、封筒に入れて切手を貼るのは自分たちですし、みんなの住所を聞く必要もあるので、こちらも意外と時間がかかるんですよね…。

その点、家族婚なら招待人数が少ない分、そういった準備の手間を減らすことができます。

プロフィールムービーにおすすめのBGM7選。両親に感謝を伝えたいカップルにピッタリ!このページでは、プロフィールムービーにおすすめのBGMを7曲紹介しています。 ”プロフィールムービー”といっても色んなテイ...

「どこまで招待するか」の線引きが楽

家族婚では、基本的に家族しか招待しないため、「どこまで招待するのか」という線引きがとても楽になります。

Aちゃんを招待するなら、Bちゃんも招待しないとだめだし…

というように、「どこまで招待するのか」の線引きって意外と大変なんです。

 

その点、家族婚なら「Aちゃんは呼ぶけどBちゃんは呼ばない」等と考える必要なし!

まれに「あの子は呼ばれたのに、私は呼ばれなかった!」とトラブルになることもあるそうなので、そういった点では、家族婚は「友人全員を呼ばない」形で平等にできるので、気持ちもラクになりますね✨

結婚式場ってどうやって探せばいいの?プロポーズ~式場決定までの流れを分かりやすく説明します!大好きな彼から念願のプロポーズをされ、「早速、結婚式場を探さなきゃ!」と思ったのも束の間、 と悩んでいませんか? ...

パーティ中も家族とゆったり話せる

家族婚の良いところは、パーティー中も家族とゆったり過ごすことができること。

 

というのも、大人数で行う披露宴の場合、パーティー中は職場の方々と歓談したり、友人たちと写真を撮ったりするので精いっぱいで、家族と話す時間がほとんどないんです。

私自身、80名規模の披露宴を行いましたが、パーティー中はほとんど両親と話せませんでした。

 

その点、家族婚なら家族以外の招待客がいないため、パーティー中も家族とゆっくり話すことができます。

料理をゆっくり味わえる

また、家族婚の場合、新郎新婦も料理をゆっくり味わうことができます。

というのも、大人数で行う披露宴の場合、新郎新婦は”歓談の時間”で料理を食べることになるのですが、「歓談の時間=招待客との写真撮影時間」なので、実際は料理を食べる時間なんてほとんどありません。

私自身、披露宴で食べたのは確かエビ一尾のみでした…。(笑)

 

その点、家族婚なら招待人数が少ない分、家族と一緒に料理や会話を楽しむことができます。

「パーティー中は、バタバタせずにゆっくり料理を味わいたい」という方は、家族婚のように人数の少ない披露宴がおすすめです。

横浜エリアで料理が美味しい式場一覧。費用が抑えめなのに、料理が美味しい式場もたくさん♡結婚式場を決める上で、重要なポイントとなるのが「料理」。 料理は、ゲストの方々へのおもてなしに直結する部分なので、 ...

ご両親の負担が少ない

さらに家族婚の場合、両家のご両親の負担が少なくなります。

 

というのも、大人数で行う披露宴の場合、新郎新婦がお色直しで中座(一旦退場)している間、両家のご両親は各テーブルに「挨拶回り」をするのが一般的です。

招待客一人一人にお酌をして、「いつも娘(息子)がお世話になってます」と挨拶をして…。

そういったことが得意なご両親ならまだいいのですが、初対面の方と話すのが苦手なご両親もいますよね。(私の両親は大得意なのですが、私はたぶん苦手…!)

特に職場関係の方を招待する場合、「失礼があってはならない」と、気を遣って疲れてしまうご両親も多いはず。

 

その点、家族婚であればそういった「挨拶回り」がないため、ご両親に披露宴中ゆったりした気持ちで過ごしてもらうことができます。

家族婚のデメリット

\タッチすると該当箇所にジャンプします!/

使える会場が限られる

家族婚の場合、招待する人数が少ないことから、使える会場が限られるというデメリットがあります。

というのも、大きくて豪華な披露宴会場は「最低60名〜」というように、最低人数が決められていることが多いんです。

仮に、最低人数以下で使用したい場合には、最低人数分の飲食代を補償料金として支払うことで、最低人数以下でも使用できることもありますが、そうすると会場使用料がものすごく高額に…。

 

そのため、既に「ここの披露宴会場で挙げたい!」という希望がある方は、何名から使用できるのかは確認しておくことが大切です。

ブライダルエステはもう決めた?
本当に良いエステを紹介中

パーティーらしさに欠ける可能性も

家族婚は、家族や親族だけのアットホームなパーティーなので、正直”パーティーらしさ”は欠けてしまいます。

人数が少ない程、”披露宴”というより”食事会”という雰囲気になるため、

・パーティーらしい盛り上がりがほしい
・”主役感”がほしい

など、”パーティーらしさ”を求める方は、家族婚や少人数の結婚式は向かないかもしれません。

【2020年10月度】ブライダルフェアのキャンペーン情報まとめ。一番おすすめの予約サイトはどこ?ゼクシィやハナユメなど、最近は色んな「結婚式場予約サイト」があってよく分からないですよね。 そんな方のために、このページでは、各結...

挙式が寂しい印象になる可能性も

また、チャペルで挙式をする場合、招待人数によってはガラガラで寂しい印象になってしまう可能性があります。

というのも、披露宴会場は、多少人数が少なかったとしても

・テーブルの配置を工夫する
・1テーブルに配置する人数を減らす

などの工夫をすることにより、ある程度”ガラガラ感”を目立たなくさせることはできます。

ただ、チャペルは元々招待客用のイスを固定しているところがほとんどなので、招待人数が少ないとその分空席が目立ってしまうんです。

自分たちが気にならなければ気にする必要はありませんが、家族婚や少人数挙式をした方の中には、

チャペルがガラガラで寂しかった…

と言っている方もいたので、心配であれば、式場見学時に「チャペルと招待人数のバランス」もチェックすることが大切です。

横浜エリアで大聖堂のある式場一覧。本物の大聖堂なのに、相場よりオトクな式場も♡大聖堂と言えば、大きなステンドグラスに、思わず背筋が伸びるような独特の雰囲気…。 と、大聖堂での挙式に憧れている方も多いの...

場合によっては、自己負担額が高くなることも

先ほど、「家族婚は費用が安い」と書きましたが、場合によっては自己負担額が高くなってしまう可能性があります。

 

というのも、結婚式の費用には大まかに分けて「変動費」「固定費」があります。

「変動費」とは、

・飲食代
・ペーパーアイテム(招待状など)
・引出物、引菓子

など、ゲストの人数によって価格が変わる費用のことです。

 

また「固定費」とは、

・挙式代
・衣装代
・写真代

など、招待人数が何人であっても一律でかかる費用のことです。

そのため、この「固定費」に分類されるアイテムで高価なものを選んでしまうと、自己負担額が高くなってしまいます。

 

「家族婚=費用が安い」というイメージがありますが、

・どの衣装を選ぶか
・写真のプランはどうするか

等で一気に自己負担額が跳ね上がることもあるので注意が必要です。

前撮りも忘れずに!
沖縄前撮りが4.9万円~で叶えられる
ハナユメフォトが人気な理由を紹介!追加料金なし&格安でオシャレな前撮りができると話題に♡一般的な前撮り業者との違いやハナユメフォトの強みと共に、ムービーなどに写真を利用する場合はいつまでに前撮りをすれば良いかなどをまとめました。結婚式で役立つ情報が満載のブログなので、色々参考にしてみてくださいね!...

まずは、ハナユメウエディングデスクで相談してみよう

家族婚を考えているのであれば、自分たちで情報収集するより、まず「ハナユメウエディングデスク」で相談するのがおすすめです。

というのも、結婚式場の情報サイトや式場公式サイトでは、大人数の結婚式の情報が中心となっているため、家族婚の情報は少ないんです。

 

また、中には少人数の結婚式に対応していない式場もあるため、

せっかく式場見学へ行ったのに、そもそもこの式場では家族婚ができなかった…

と、無駄足になってしまう場合もあります。

 

その点、「ハナユメウエディングデスク」に行けば

・招待人数
・予算
・好きなイメージ

などをアドバイザーさんに伝えると、二人の条件に合う式場を無料でピックアップしてくれます。

自分たちで探すとなると、

・この式場は家族婚ができるかな?
・何名から利用できるんだろう?

と、毎回調べる必要がありますが、デスクで式場をピックアップしてもらえば、それらを調べる手間がなくなるので、効率の良い式場探しができますよ。

ハナユメの相談デスクは何度利用しても無料なので、まずは気軽に遊びに行ってみてはいかがですか?

ユーザー満足度98.3%
最寄りのハナユメデスクを探す効率の良い式場探しができる!

【満足度98.3%】ハナユメウエディングデスクが人気な理由を紹介!実際に行ってみた感想も紹介します☆最近、プレ花嫁の間で話題になっている「ハナユメウエディングデスク」。 完全無料でありながら、ユーザー満足度は98.3%という高評価...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020